手頃な価格で車を買いたいなら|金融車買取店を利用しよう

排気量で違いあります

オートバイ

事前の確認が大切です

バイク廃車の手続きをする際に、気を付けなければならないことは排気量によって手続きする内容や申請する場所が違うことです。バイク登録は、排気量125cc以下、126ccから250cc、251cc以上の3種類に別れています。それぞれ、手続きのために用意する書類と申請場所が違いますので事前に確認が必要です。まずは、排気量が125cc以下のバイク廃車手続きで必要な書類は、標識交付証明書、ナンバープレート、廃車申告書、印鑑になります。これらの書類を揃えて、ナンバープレートを交付された市町村役場の窓口で申告します。標識交付証明書はナンバープレートを交付された時に交付された書類です。次に、126cc以上のバイク廃車の手続きは、申請場所が市町村役場ではなく現住所を管轄する陸運局になります。また、必要な書類も違っていますので、気を付ける必要があります。事前に用意する書類として、住民票が必要です。後は、ナンバープレート、軽自動車届出証と陸運局で入手する軽自動車届出証返納届になります。気を付けることは、一時的なバイク廃車の場合は、返納証明書交付請求が必要なことです。251cc以上のバイク廃車も、申請場所は現住所を管轄する陸運局になります。必要な書類は、車検証とナンバープレート、印鑑、窓口で記入する書類となります。窓口では、抹消登録申請書、手数料納付書、軽自動車税申告書の3点になります。すべての申請に共通しますが、代理人の場合は委任状が必要になりますので注意が必要です。また、自賠責保険に残存期間があれば、保険料の払い戻しの手続きを忘れずに行う必要があります。

Copyright© 2017 手頃な価格で車を買いたいなら|金融車買取店を利用しよう All Rights Reserved.